塩どら焼・最中(加賀とび最中)・羊羹(金の霊澤)
並び順を変更[ おすすめ順 |新着順 ]
能登の揚浜式製塩を使用した、半月型塩どら焼きです。
お伽噺の挿し絵の箱に入って、桃や俵、桜などの浮き種を入れました。
「加賀藩」おかかえの大名火消しは特に加賀鳶と言われ、勇壮さが評判でした。
加賀鳶纏の紋様を最中に仕上げました。
(名誉総裁賞受賞)金沢城中より発掘された瓦の紋様を最中に写しました。
「金沢」の地名の由来「金城霊澤」よりこの菓子の名前を頂きました。
栗が入った抹茶煉羊羹です。
黒砂糖を薄くぬった軽焼
月々の花ぞろえの麩焼煎餅
前のページ | 次のページ